出展元:GOAL

チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの代表戦4試合出場停止処分が解除されたことに不満を示している。

メッシは3月23日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のチリ戦で侮蔑的な言葉を吐いたとして処分を受け、28日のボリビア戦には出場できなかった。その後、メッシは暴言について「空気に向けられたもの」と話し、処分撤回を求めていたが、5日に本人と代表チームが望む通り決定が覆っている。

これを受けて、ビダルが『AND Radio』で以下のようにコメントしている。

「これはフットボールの難しい問題だ。すべてのルールが全選手に対して、同じように機能することを望んでいる。アルゼンチンやメッシ、フットボールにとっては良いかもしれないが、ルールは常に全員に対して平等にあるべきだ」